本文へ移動

スーパーエコシップ

電気推進船「鶴洋丸」の主要目

 
電気推進船「鶴洋丸」の主要目
 船主
(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構
佐伯汽船株式会社
 荷主/オペレータ太平洋セメント株式会社 / 東海運株式会社
 建造造船所株式会社渡辺造船所
 船種セメント運搬船
 長さ×幅×深さ72.0 × 14.6 ×7.60 / 4.71m
 総トン数749GT(二層甲板船)
 載貸重量トン数2200トン
 計画航海速力12.5ノット
 海上試運転時速力14.4ノット(満載58%状態にて)
 推進方式ラインシャフト二重反転プロペラ
 発電機800kW × 3基
 推進モータ900kW × 2基
 インバータ制御装置2基
 完工日平成22年7月4日
 

配置図

SESセメント運搬船の概要

本船の船主等

船主:佐伯汽船株式会社,独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構
契約造船所:株式会社渡辺造船所
建造造船所:株式会社渡辺造船所

概要

竣工:平成22年7月
航行区域:沿海区域
航海速力:12.5ノット(23.2km/時)
総トン数:749トン
長さ×幅×深さ:72.0m×14.6m×7.60m
載貨重量:2209トン
推進システム:発電方式 ディーゼル発電機800kW×3台
制御方式 インバータ可変速制御×2式
推進方式 推進用電動機900kW×2台
ラインシャフト二重反転プロペラ
荷役装置:ブロータンク、エアースライド及びスクリューコンベア
圧送装置用電動空気圧縮機(推進電動機用インバータの切替で駆動)

特長

(1)省エネ、環境負荷の低減
● 船型の改善、二重反転プロペラ等の採用により、在来型(ディーゼル主機駆動)のセメント運搬船に比べて省エネ運航を実現
● 発電機運転台数の調整などのパワーマネージメントにより、エネルギー供給の効率化

(2)船内作業環境の改善
● 従来船で使用する大型のディーゼル主機関に代わりに3台の小型ディーゼル発電機関を採用したことで、機関の船内保守整備作業が軽減
● 居住区での高い静粛性を確保(低振動・低騒音)

(3)貨物艙の確保
● 設計の自由度を活かして、全通二層甲板型を採用し、十分な貨物艙容積の確保を達成

(4)安全・安定運航
● インバータ制御によりスムーズな加減速や波浪中での安定した航行が可能となり、在来船に比べて安全性、定時性が向上
● 3台の発電ユニット、2台の推進用電動機等を有することから、一部に故障が生じた場合でも航行可能であり、安全性が格段に向上
佐伯汽船株式会社
〒876-0815
大分県佐伯市野岡町2丁目10番8号
TEL.0972-24-1111
FAX.0972-24-1155

内航海運事業
0
4
1
5
5
0
TOPへ戻る